history-main

沖縄ホテルは沖縄の観光ホテル第一号として、1941年に創業致しました。

沖縄ホテルは、日本で5番目のホテルとして、1941年に誕生致しました

沖縄ホテルは昭和16年(1941)、当時来沖する観光客(観光というよりは商船や各業界のVIP)の受入施設が少なく、
当時の県知事が日本国へ要請して、地下1階、地上3階建ての観光ホテル第1号として那覇市の波の上に誕生致しました。
冷蔵庫や水洗便所、発電機が沖縄に登場したのもこのころである。沖縄ホテルの創業者である宮里定三は総支配人として就任致しました。

太平洋戦争と沖縄ホテル

太平洋戦争と沖縄ホテル

同年に太平洋戦争が始まり、旧日本軍の高官が宿泊するようになり、開戦時の首相でもあった東条英機も当ホテルに宿泊しておりました。
昭和19年(1944)戦争が激しくなってくると、日本軍専用の宿泊設備として使用されていたが、
翌年の昭和20年(1945)5月中旬ごろ米軍の艦砲射撃により消滅してしまいました。
太平洋戦争後の昭和26年(1951)、創業者の宮里定三は、那覇市大道(現在地)にて、2階建ての木造レンガ造り、7室のホテルを再開しました。(現在もレンガ造りの建物が残っている。)
そのころは日本航空の指定宿として、歴代の所長が長期宿泊しておりました。
また戦後の沖縄は、観光客というよりも、アメリカ軍基地の建設ラッシュで、三井物産などの商社や、時事通信の社員などビジネス利用で訪れる方々が多く、長い人では2年近く滞在する人もおり、小さなホテルながら常に満室の状態でありました。

数多くの芸術家や著名人に愛された沖縄ホテル

数多くの芸術家や著名人に愛された沖縄ホテル

その頃、沖縄には数多くの芸術者たちが訪れており、山下清、棟方志功、柴田練三郎 等は当ホテルにも宿泊したそうです。
特に益子焼で著名な浜田庄司先生は数年間に渡り、壷屋焼の研究をしている間当ホテルに滞在しており、
現在の社長が幼少の頃は一緒にお風呂に入ったり、食事をしたこともあったそうです。
昭和35年(1960)現在の旅館棟が完成し、10年後の昭和45年(1970)にホテル棟が建設しました。
その頃の沖縄観光は、沖縄戦で亡くなった、家族などの墓参団が多く、アメリカに占領されていたこともあり来沖するにはパスポートが必要でした。
昭和47年(1972)に沖縄が日本復帰、昭和50年(1975)海洋博覧会が開催されました。
ここからが沖縄の観光立県としての始まりです。

新着トピックス

沖縄ホテル スタッフブログ

沖縄ホテル公式 facebook

tripadvisor